Corn Snake

Blizzard  

 

ブリザードはアメラニスティックという黒色色素が欠損した変異と、チャコール(アネリスリスティックBタイプ)という赤色色素が欠損した変異を組み合わせた品種です。

品種名の定義としては、赤と黒が欠損した場合「スノー」となりますが、コーンスネークの場合はアネリが数タイプあり、アネリAタイプの組み合わせがスノーとなるため区別してブリザードとなります。

特徴としては目が赤く、幼体の体色はピンク色をしており、成体になるにつれて全身真っ白になります。スノーは黄色やピンク色、模様等が表現されますが、ブリザードは首筋等に一部黄色を発色する場合はあるものの、模様は曖昧となりほぼ全身真っ白なヘビになります。

Whiteout

 

上記のブリザードにディフューズという品種を組み合わせた品種です。ディフューズとは、背部の模様が消失傾向となり、腹部の模様が無い品種です。ブリザードは結果的に模様が残ることは多いため、無模様の白いコーンスネークを目指した組み合わせがホワイトアウトとなります。ディフューズについては、劣性遺伝と選別交配を組み合わせているらしく、ちょっと理解し辛い品種です。日本ではディフューズよりもブラッドレッドが一般的な流通名です。兎に角、ホワイトアウトは真っ白に最も近い品種です。

Hypo Pewter

 

ハイポピューターは、チャコール(赤色色素欠損)にディフューズ(模様消失)を加えた銀灰色のピューターから、更にハイポを加えて黒色を少なくした品種です。微妙に紫がかった色彩は正に幽玄的な色彩です。 因みに、ハイポとチャコールでファントムという品種名になるため、ファントムブラッドレッドもハイポピューターと同じ意味です。

Ghost Stripe

 

ゴーストストライプはハイポ、アネリ、ストライプの3品種を組み合わせた品種です。アネリは黒色と灰色を基調とした色彩であり、そこから黒色を薄めるハイポを組み合わせることにより、全体的に淡い灰色の表現となるゴーストになります。ハイポは暖色を強める形質も持ち合わせているため、個体によってはより赤味の強いゴーストもあり、個体差が多くあります。ストライプは背部の模様が縦線状に変化している品種です。写真の個体はストライプが途中で途切れ、スポット状に変化しています。

Anery Sunkissed

 

アネリサンキストはサンキストと言うハイポの一種とアネリを組み合わせた品種です。品種の定義としてはゴーストとなりますが、通常のゴーストに比べると紫がかった色合いや模様の複雑さが違います。サンキストは黒色色素を減少させると共に、模様も変わっている品種です。特に頭部は細かく複雑な模様ですが、全体的にも不思議な雰囲気の模様になる個体が多いです。また、ストライプやモトレーといった模様品種と組み合わせると、更に顕著な変化を表します。

 

Ice

 

アイスはラヴァと言うハイポの一種とアネリを組み合わせた品種です。品種の定義としてはゴーストとなり、以前はアイスゴーストと呼ばれていました。ラヴァという品種自体は赤みが強く、透明感のある品種であり、通常のゴーストより1トーン落とし透明感のある色彩になります。ラヴァは、他にもアメラニやオケッティ等、様々な品種との組み合わせにおいて相性の良さを発揮しています。