Ball Python

Pastel

 

ボールパイソンの中では最もメジャーな品種です。体色は、ノーマルに比べると明るい黄色をしており、黒色の箇所が薄くなっています。また、目の虹彩は金色で、腹部の模様はプレーンベリー(無模様)の表現が基本です。遺伝性は共優性遺伝のためホモ結合したスーパー体が存在し、スーパーパステルという表現がより顕著な品種となります。パステルはラインや個体差も多く、組み合わせ品種作出に欠かせない品種です。

Spider

 

模様が特徴的な品種で、黒い部分が大幅に減退し細く変異しており、腹部側面の色彩も白色の傾向が強いです。この表現は優性遺伝し、様々な組み合わせ品種に使われている人気品種です。個体によっては頭が揺れ、後方に回転する等の異常動作はありますが、生きていく上で大きな問題は無く、繁殖も行えます。その動作を踏まえても大変魅力的な品種です。

Bumble Bee

 

上記のパステルとスパイダーを組み合わせた品種です。模様はスパイダーで色彩がパステルといった解りやすい表現ですが、ノーマルと比較すると劇的と言って良い変化です。スパイダーの遺伝形質は大変強いため、どの品種と組み合わせてもその特徴的な模様が表現されます。

Black Pastel

 

ブラックパステルは地色が黒色で、模様のオレンジ色が強い共優性遺伝の品種です。模様も特徴的であり、品種の組み合わせによっては顕著な変化をもたらします。また、同じブラックパステル同士、またはシナモンとのスーパー体は、無模様でくすんだ黒~焦げ茶色一色の変異となります。シナモンとは、遺伝形質が良く似た別の品種であり、色彩が少し異なる表現をしています。